仙台市街の定禅寺通り,青葉通りと秋保大滝,定義如来を紹介しています

仙台 散策スポット

定禅寺通り 定禅寺通り
幅46Mの道路両脇にケヤキが植栽され道路中央には遊歩道と共にやはりケヤキ並木が続きます。
杜の都仙台を象徴する通りです。
青葉通り 青葉通り
仙台市都心部を東西に走る道路で、仙台駅西口と仙台城址(青葉城址)とを繋いでいる道路の一部を成す。
定禅寺通りと同様にケヤキの並木道となっており、「杜の都・仙台」の象徴となっている。
スポンサードリンク
秋保大滝 秋保大滝
秋保大滝(あきうおおたき)は、宮城県仙台市太白区秋保町にあります。
定義如来 西方寺 定義如来 西方寺
貞能公は、平家が、壇ノ浦の戦いに敗れた後も、平重盛公より託された阿弥陀如来の御霊像をまもり、 源氏の追討をのがれて、この地に隠れました。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

↑ PAGE TOP